モンスターカレンダー

« 2013年8月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013年8月 7日アーカイブ

便秘は、食生活の乱れやライフスタイルなど様々なことが原因で起こるものです。
快調じゃないと体が重くなるばかりか、その日1日ずっと気分が悪いまま過ごすことになってしまいます。

それに、その症状を放っておくと、健康や美容にも悪影響を及ぼしてしまいます。
本来体外へ排出するべき老廃物が体の中で留まることを意味しますし、そのせいでニキビができやすくなるなど肌トラブルにもつながってしまうのです。

なので私は少しでも便秘ぎみかなと感じたら、すぐに解消できるよう色んなことを行うようにしています。

まず水を飲んだり、ほかにも積極的に食物繊維や乳製品を摂取したりします。
水には腸の中にたまっているものを押し出す力がありますし、食物繊維や乳製品は腸の動きを助けてくれるのです。

これらは日ごろからバランスのよい食事を心がけていれば、あまり不足することはないものばかりですが、忙しくて栄養を考えた食事を作る時間がないときや外食が続くときなどは、すぐに足りなくなってしまいます。

ちなみに食物繊維は野菜に多く含まれているものですが、もしそんなに食べられないというときには、野菜の栄養がたっぷりの青汁のお世話になることもあります。
もちろん、こういった解決策があるとはいえ、普段から便秘にならないようつねに意識しておくことも大切だと思っています。
男女問わず、薄毛の悩みは親しい人でもなかなか相談しにくいものです。
かといって何もしないままでは、薄毛は進行していくばかりで、髪に関するストレスを感じるたびに、髪の毛にも悪影響を及ぼすという、
悪循環のループにハマってしまいますので、早い対策が必要です。
まず薄毛になる原因は、今まで生えていた髪の毛が、抜け落ちてしまい髪の毛が生えない、もしくは細くなってゆく状態のことです。
人の髪の毛は約7~10万本の髪の毛が生えており、平均2年から6年のサイクルで、
毎日50~100本髪の毛が抜け落ちていきます。これくらいの髪が抜けるのは普通ですが、
薄毛の人は枕などに眼に見えるほど髪の毛が抜けていくのです。
抜け毛の主な原因は、男性の場合AGA(男性型脱毛症)が多く、男性ホルモンがであるテストステロンの活動が活発になりすぎ、
髪の毛をはやす乳母細胞の活動が低下するためです。特徴として少しづつ進行していくのが特徴ですので、早めの対策が必要です。
女性の場合は、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。
女性ホルモンが乱れることが原因ですので、閉経した40代以降の女性が多かったのですが、
最近では、無理なダイエットや極度のストレスから20代でもFAGAになる女性が増えています。
髪の毛が全体的に薄くなり、髪の隙間かた頭皮が見えるなどの特徴がありますので、気づいたらすぐにケアを始めた方がよいでしょう。

MTBlog50c3BetaInner

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)