モンスターカレンダー

« 2011年2月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728

2011年2月 1日アーカイブ

羊は人の胎盤にとても近い組織を持っていますから、拒否反応としての赤味などが起こりにくくて、体内への浸透力が高いといった特徴があるのです。
そして、医療機関でプラセンタ注射に使用されている人由来のプラセンタのときは、すべて日本人のもので、
薬剤メーカーが契約をしている産婦人科から提供を受けた胎盤を使っているのです。またドナーズスクリーニングといいドナーには血液検査をして、
母体に各種のウイルスがないかを調べて、すべての項目に対して陰性を示したドナーから提供された胎盤のみ原料として使用されるのです。
そして提供された胎盤は製造メーカーに送られた後に、再度ウイルス検査をして、減菌工程を経た後、製品企画試験に送られ、
ここで3度目のウイルス検査がされて、完全に安全性が確認されたものが製品として出荷されることとなります。
そして効果は原料が人由来でも馬由来であっても大差はないといったことがありますが、
原料の安全性に対してチェック体制としては人由来のプラセンタの効果が一番いいのです。
そして、何かしらの病気や疾患の治療目的のときは週1回ぐらいのペースで3か月から半年つづけるといったことが目安になるのです。
ですから、とても気楽に通えます。

MTBlog50c3BetaInner

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)